家族葬にはデメリットもある

家族葬のもつデメリットを理解して有効に

家族葬のもつデメリットを理解して有効に 葬儀のかたちは、さまざまなものが生まれています。社会的な変化の中で、葬儀に求められるものも変化してきたことが理由の一つです。現在行なわれている葬儀に関して考えても、時代とともに変化して社会的にも適合してきたといえます。家族葬が行なわれるようになっていたのも、今の社会に適合した方法になってきているからです。

葬儀はさまざまなかたちに変化してきました。その費用も拡大していく一方で、葬儀を行なう側の負担は大きくなっていく一方です。この負担を減らすことができるのは、形式を小規模なものにしていくことになるでしょう。家族葬は、家族や身内など親しい人たちだけで葬儀を行なっていく方法です。小さくまとめていくことによって、費用も軽減できるようになります。故人が葬儀に多額の金額をかけてほしくないと希望していたり、大規模な葬儀を望んでいなかったりする人が増加傾向である時代となってきています。宗教的に考えても、壮大にすればいいというわけではありません。葬儀としてのかたちを保ったまま行なうこともできるところは、メリットにもつながってくるでしょう。

一般的に葬儀に含まれる別れの考え方としては、故人と家族の別れがあり、個人と社会の関係があります。宗教や習慣といったところの別れと3つあるといわれている中で、家族を最優先としているところが特徴です。これがデメリットにもなってくる可能性があることも考えておかなければいけません。実際に都心部的な考え方をすれば、旧態依然とした葬儀の考え方は、すでに時代と合わないといった部分もあります。ですが、関係性といった部分を捉えていくと、社会的にも人との関係性が失われる可能性も出てくるため、デメリットになってくることを理解しておくことが必要です。さらに、宗教的な問題を完全に切り離すことができるわけではないことも理解が必要でしょう。埋葬する場所ひとつをとっても、宗教的な問題が出てくることがあります。

メリットが出てくれば、デメリットが存在しているのは当然の流れです。何も珍しいことではなく、特別なことでもありません。目立つ部分があれば、その反面で影響も受けるからです。時代が変わり現代社会にマッチした形式として家族葬が生まれてきたのであれば、これを理解してもらうといった流れや必要性も大切なことになってきます。デメリットを理解し解消していく方法を考え、周囲にもしっかりと理解してもらい進めていくことこそ、家族葬を行なう意義があるのではないでしょうか。

トピックス