家族葬のデメリットになる宗教的なつながり

現代の日本では、宗教的な観点は薄くなってきていることは確かです。特定の宗派に所属したり、檀家になったりすることも、意識的に行なうことは少なくなってきました。お墓があるからといっただけの関係になっていることも珍しいことではなく、一般の霊園や墓地を利用することで、宗教と関係を切り離してしまっている家庭も数多く存在しています。家族葬のかたちをとるのも、宗教的な縛りがなく、無宗教やフリーともいえる立場で行なうことが増えているからです。そうなると、何も葬儀の形式を意識していく必要がなくなり、特定の形式にこだわらなければいけないといったこともなくなります。

宗教的なつながりが薄いといっても、日本人は生まれた時は神道で、結婚式はキリスト教、亡くなる時は仏教と使い分けをしている人も多いです。家族葬でも、僧侶を招いて葬儀を進めていくことができますが、逆に断られてしまうといったデメリットも発生してきます。僧侶側とすれば、宗教的に教えに則った方法でなければ葬儀は断るといったことを言ってくる可能性があるからです。宗教に関係なく葬儀をしたい場合は、最初から家族葬を扱う葬儀社にお願いする方法があります。家族葬は開式のはじめに全員で黙祷を捧げることがあります。黙祷の時間は故人とお別れするために生前の思い出を回想します。故人との思い出が走馬灯のように駆け巡るため、黙祷の時間はあっという間に過ぎていくと感じる人もいます。家族葬は僧侶を呼ばないというイメージだけを持たれるケースが多いですが、宗教・死生観・他界観に関係なく、親族が心から故人を想いお別れする通常の葬儀と変わりはありません。家族葬は、親族がもうこの世では会うことが出来なくなった故人を、いつまでも忘れないよう心に刻むためのものでもあります。

家族葬はデメリットとして生じる部分もありますが、メリットは多く存在しています。解決方法としては、周囲に理解してもらうといったこともあります。これを機会に宗教の縛りを解いてしまうというのも一つの方法です。色々な方法が存在するため、家族葬に慣れた葬儀社に依頼して進めるということも考えるべきでしょう。