家族葬の費用のメリットがデメリットになるケース

葬儀に関する費用は、驚くほど高いことがあります。突然亡くなったときなどでは、この費用をどうやって工面するのかといった問題も生じるでしょう。時間も限られた中で選択を迫られることになることも間違いありません。家族葬を選択する理由のひとつともなってきます。参列者を家族や身内に限定することによって、葬儀をシンプルにする家族葬は、費用も計算しやすくなり、できるだけ出費を抑える効果を持っています。食事代などの計算しにくく余計に出ていきやすい費用も、人数の把握がしっかりとできるために必要以上に用意することもありません。コンパクトにまとめ上げられるところのメリットが出てくる部分といえるでしょう。ですが、すべてのケースで費用を抑えられるとは限りません。逆に出費が増えてしまうケースもあります。

人数の把握はできる反面で、一般の参列者が発生しないというデメリットが生まれます。つまり葬儀の費用は抑えられても、香典の総額は確実に減るという部分です。収支を考えれば、家族葬ではほとんど香典という収入が発生しません。支出は抑えられるため、全体を見れば、費用の節約になるというのが考え方の根幹です。ところが、香典の量が増えていくことが予想されるのであれば、この根幹的な考え方がデメリットになってしまうことにもなります。もちろん、香典はお気持ちであり、容易に計算できるものでも、計算するものでもないと考える人もいるでしょう。しかし、葬儀を行なうという現実的な経済的な負担を考えることになるのですから、この違いは理解しておかなければいけないでしょう。

肉体的や精神的な負担などは、家族葬では大幅に減らせることは確かです。ですが、経済的な部分で大きなデメリットになるのであれば、一般の葬儀も考えていく必要があるでしょう。一般的な葬儀であっても、コンパクトなパッケージにすることはできます。必要な部分だけをチョイスして、余計な装飾などは虚飾といったことでなくすこともできるからです。一体どんな方法にするべきか、葬儀社とともに考えてみることも必要です。