故人の人間関係をどうするのかは家族葬のデメリットになる

家族葬のメリットは、故人の家族や本当に関係の近かった身内や友人のみで葬儀を行なえるところにあります。これが基本的な概念ともいえるでしょう。ここに限定していくことによって、費用的なメリットも生まれてくることになります。ですが、家族葬に呼ばない人の対応はどうするのかという問題も出てきます。少しでも関係性のあった人は、悲しみを共にすることができないのかといったことは、デメリットとして生じることになります。

故人の存在というところを見ていかなければいけません。家族との関係性が強いことは間違いありませんが、社会的にみると、友人も知人もいるはずでしょう。お互いの関係性があって、はじめて生活も成り立っていくことになります。故人がこの世を去ったことで、うけた恩顧に対してどうやってお礼を伝えていくのかといったことも、考えていかなければいけません。これが葬儀の場であることは間違いのない事実で、別れというだけの場ではないことを意味しています。家族葬の参列者はかなり限定していくことにもなるでしょう。社会関係に関しても、驚くほど限定しなければいけなくなってしまうのが、家族葬の持っている問題点でありデメリットです。人間関係は非常に複雑な面を持っており、これが社会を形成していることも間違いありません。

連絡をうまくするということでも、デメリットは解消できる部分を持っています。家族葬という一日のことで、これまで作ってきた人間関係を崩壊させてしまうようなことも起きる可能性は否定できません。だからこそ、どのように連絡をして理解してもらうのか、その手段と流れを考えておく必要があります。人間関係が希薄になってきている現代ではありますが、家族葬を行なうことを手紙などで伝えていく必要もあります。内容に理解してもらうとともに、家族葬の様子を令状にしてまとめて関係者などに送付するといった方法も取られるようになりました。葬儀とは別にしのぶ会などを催すといった方法もデメリットを解消することができる可能性があります。